優良な専門学校は他とどこが違うのでしょうか。
声優としてデビューするための優良なスクール選びに確認しておきたい3つのポイントを紹介します。

優良な専門学校はココが違う!

少人数制

声優の専門学校に限らず、何かを学びに行く際に重要視したいポイントに「少人数制」というものがあります。サテライトの授業よりもライブの授業、その中でも少人数制の授業が良いのは想像しやすいと思います。文部科学省の国立教育政策研究所の調査でも、学習効果を高めるためには、大規模クラスよりも少人数クラス編成が理想的であるという報告が出ています。

少人数制の授業が良いと言われている理由は、授業に集中できるという点や、きめ細やかな対応をしてもらえること、講師に対して質問がしやすいこと、学習能力や理解度を把握してもらえること、授業の密度が濃いなどの理由が挙げられます。生徒一人ひとりの習熟度合いを指導者が把握することもできます。つまり、少人数制の授業は、生徒と指導者の双方にとって大きなメリットを生むことになり、授業がより充実したものになるのです。声優という職業につくためには少人数制の授業は欠かせない条件と言えます。

通いやすさ

声優の専門学校は全国各地にあるわけではありません。首都圏にしかない学校や、全国に数校しかない学校もあります。自分の生きたい学校が近くにあれば問題ありませんが、必ずしもそうとは限りません。

地方からわざわざ都会まで出ないといけないとなると、さらにハードルが上がってしまいます。そのため、実際に通学する上で通いやすいということも学校選びのポイントになります。地方に校舎があるということだけではなく、駅近くに校舎があることや、旬の情報を全ての校舎で共有できること、都会と変わらない質で授業を受けられることも重要です。

また、合宿などでプロの声優に直接指導してもらえる機会があったり、他の校舎の生徒との交流があると学習意欲の向上にもつながるため、ポイントが高いと言えます。地方でも声優になるチャンスを掴める学校を選びたいものです。

大学生や社会人でも通いやすい夜間コースまである

通いやすいという意味では、もう1つポイントがあります。それは、社会人や学生でもダブルスクールができるかどうかという点です。すでに社会人として働いている人でも声優の夢を諦めたくないという人もいると思います。専門学校によっては昼間と夜間の2部制を採用しているところもあります。コースに柔軟性がある学校であれば社会人でも働きながら通学することができます。

入学前の時点では専門学校に通うことだけに専念するつもりであっても、通学途中で就職を余儀なくされることもあり得ます。そのような場合でも、夜間コースであれば退学することなく通い続けることができます。