声優でプロデビューを目指すなら、養成所と専門学校のどちらに通うべきなのでしょうか。
養成所と専門学校の違いについて詳しく解説しています。

養成所VS専門学校 どっちに通うべき?

国に認可されているかどうか

声優を目指す上で問題となるのが、養成所に入るべきか、専門学校に入るべきかという点です。ここでは養成所と専門学校の違いについて解説します。

声優養成所は、声優プロダクションが運営していることが大半です。声優養成所の方針によってカリキュラムが設定されており、週の通学日数は少なく、一日のレッスンは数時間と、効率重視で声優に必要な知識や技術を実践的に身につける場所です。また、声優養成所に入所するためにはオーディションを受けて合格することが条件になっているところがほとんどです。

一方、専門学校は、学校法人として認可されたものであり、毎日通学して、声優に関する基礎的な知識や専門的な知識、技術などを時間をかけて学習していく場所です。学校教育法で認可されているため、学歴として残るという点も養成所と異なります。このような違いから、専門学校は学びたい人に対し、広く受け入れをしていることに比べ、声優養成所は声優としての適性や戦力になる可能性を入所前に判断されることになります。

養成所は敷居が高い

ほとんどの声優養成所は、入所する前にオーディションを受ける必要があります。中には声優の専門学校やスクールなどで就学経験を必須としている養成所もあります。より専門性を高めた実践的な技術を身につける場としての声優養成所は、声優についての基礎知識や基礎技術を持ち合わせている人のみを入所させる方針であることが多く、養成所に入るには敷居が高いのが現実です。

養成所に入るための一般的な流れとしては、まず資料を請求し、必要書類を整えて提出します。審査料を納入した後も一次審査として書類選考があり、選考を通過した人だけが次の審査へと進みます。2次審査はオーディションとなり、台詞やナレーションなどを実際に行います。続いて自己PRや面接での対応も評価も行われ、場合によっては3次審査まで続くところもあります。全ての審査を通過して初めて入所できるのです。

デビューしたいなら専門学校に行くべし!

専門学校の場合、養成所と違い入学オーディションがないため、未経験からの就学が可能となっています。また、受けられるオーディションの数にも違いがあります。

養成所の場合、特定の声優プロダクションが直接運営しているケースが非常に多いため、受けられるオーディションは、そのプロダクションの系列のものに限定されてしまうケースがほとんどです。そのため、養成所からデビューを考えるのであれば、事前に声優プロダクションの下調べをしておくことが大切です。

その点、専門学校の場合は、複数のプロダクションと提携しているため、より幅広く沢山のオーディションを受けることが可能です。多くのプロダクションとネットワークがあるかどうかという視点でも専門学校選びを考えてみると良いでしょう。